冷え性なのに汗をかくのはなぜ?

冷え性 汗かき 女性

冷え性は女性に多く見られ、手足など末端の血行が悪くなることで起こります。しかし体が冷えているはずなのにドッと汗が噴き出す…という一見すると矛盾したような症状で悩む人も多いです。なぜこのような状態に陥るのでしょうか?

 

熱は身体を動かすことで発生し、人間の体の中で発生した体温は血液によって身体のあちこちに配られていきます。しかし手足の先など血管が細い部分は血行が悪くなりやすく、血流が滞るとうまく熱が届けられません。これが末端の冷え性です。

 

実は血行が悪くなると熱だけでなく、

 

・細胞が排出した老廃物

 

・不要な水分

 

 

も運ぶ働きもしています。血流が滞るとこれらも体内に溜まってしまい、行き場を失った水分は『むくみ』や『汗』となって体に様々な影響を与えてしまうのです。こうして出る汗は体温調節の汗ではないため、まずは『冷え』の対策から始める必要があります。

 

冷えた部分を温めると汗が噴き出す

冷え性 汗 温める

冷え性を改善するために冷えた手足をお湯に浸けたり、ストーブなどで温めるという対策を取る方は多いでしょう。すると顔や身体からドッと汗が噴き出すことがあります。

 

手足が温められて毛細血管が広がると、そこに血液が流れ込むようになります。すると体に溜まった水分が血液と一緒に運ばれて行き、ドッと汗として噴き出していくのです。

 

急に大量の汗が出るので「自分は汗かき」と感じる人が多いですが、実際には血行が良くなっただけというケースが多いです。

 

ため込まれている水分がなければ、同じように手や足を温めたとしても汗が噴き出すことはないのです。冷え性になったことが原因で、汗かきだと勘違いしてしまっているだけなのです。

 

冷え性の悪化が招く『冷えのぼせ』

冷え性 汗 冷えのぼせ

冷えているのに汗をかく症状の一つに『冷えのぼせ』があります。これは普段手足の冷えを感じている人が、

 

・運動の直後に上半身がカッと熱くなり汗をかく

 

・急に気温の高い場所に行くと上半身に汗をかく

 

・手のひらや足の裏にジットリ汗をかく

 

 

といった症状を覚えるものです。

 

軽度の冷え性から水分の代謝がうまくいかなくなると、徐々に自律神経がバランスを崩していき『冷えのぼせ』にまで悪化するケースがあります。更年期の症状と間違えやすいですが、冷えのぼせは比較的若い人に見られる症状です。

 

汗を止めるより冷え性改善が効果的

このような仕組みで「冷え性なのに汗かき」になってしまっているので、汗対策だけでは効果が期待できません。それよりも、冷え性を改善して水分をため込まないようにした方が効果的だと言えます。

 

主な冷え性の対策

冷え性 汗 対策

体を動かして汗腺を鍛える

 

軽く汗をかく強度でウォーキングを行ったり、日常の中で歩く場面を増やすなど。

 

体を内側から温める食事

 

魚や卵、お肉などタンパク質をしっかり摂り、野菜や果物もバランスよく食べる。

 

腹巻やカイロ、ひざ掛けを活用

 

熱が体幹部分に留まらないようお腹や腰回りを温めて熱のめぐりを良くします。

 

この他にもお風呂の半身浴で汗腺を鍛えたり、冷たい飲み物はなるべく温めてから飲む、カフェインを控えるといった対策があります。冷え性が改善されてくると、むくみなども改善されてきますし、汗もかかなくなってきたな、と感じるようになっていくでしょう。

 

冷え性は更年期とも深い関係が

冷え性 更年期 汗

女性に多いと言われる症状のひとつに冷え性がありますが、冬でもない夏の暑い時期に体が冷えると訴える人もいます。 考えられる原因のひとつに更年期障害があげられます。

 

女性は閉経前になると女性ホルモンの減少によって、イライラや落ち込み、気力の低下といった不快な症状に悩まされます。 そのなかに冷え性が含まれ、いつとなく体が冷える状態に陥ります。

 

通常、冷え性の解決に保温効果のあるグッズや、飲み物や食べ物をとるように心がけますが、普通だとそれらの対策で改善できる場合が多いです。 しかし閉経前の女性は急に体がほてるホットフラッシュという症状があらわれ、対策が難しいと言われています。

 

▼関連ページ▼

冷え性 汗かき ホットフラッシュへ

 

なぜ起こる?更年期の『冷えと汗』

冷え性 汗 更年期

ホットフラッシュは更年期の大勢の女性が経験すると言われています。一番の原因は加齢による女性ホルモンの減少で、そのせいで自律神経が正常に働かなくなっている状態にあります。『冷えのぼせ』と似ていますが、この2つは微妙に異なります。

 

ホットフラッシュと冷えのぼせの違い

比べる項目

冷えのぼせ

ホットフラッシュ

原因

血行不良

女性ホルモンの減少

年齢層

20〜50代

40代〜が多い

汗の症状

頭や上半身のほてり、ドッと出る汗

顔を中心としたほてり、大量の汗

その他の症状

寝付きが悪い、緊張が続くなど

不安、イライラ、食欲低下など

 

ホットフラッシュがとても不快に感じられる理由が、暑くもないのに汗かきになるところにあると言われます。 顔が熱くなるたびに汗がにじみ出て、他の人が見るとどうしてこんなに汗をかいているのだろうと不思議に思われます。

 

自律神経の乱れで体温調整がうまくできなくなるため、自分の意志や体調に関わらず『いつ汗が出るかわからない』という状況に陥ります。

 

冷え性 汗かき 医者

対策にはホルモン治療や漢方、女性ホルモンの働きを擦るサプリメントの摂取などがあります。体温調整のための自然な汗ではないので、不安を感じたときは婦人科などに相談してみましょう。

 

汗と体質に関する詳細記事

更年期に多いホットフラッシュ

更年期 ホットフラッシュ

若いころにはなかったのぼせ・ほてり、そして顔汗…それは更年期特有のホットフラッシュによるものかもしれません。ホットフラッシュの原因と対策をまとめてみました(*^^)b

 

 

≫詳細ページ

エクノキュアの効果【口コミ多数】

更年期 ホットフラッシュ

ホットフラッシュに悩まされる更年期女性に嬉しいエクノキュア。どんな効果があるの?口コミはどう?ネットの評判からどんな効果があるか検証してみました(*^^)b

 

 

≫詳細ページ

辛い物を食べると汗をかく原因は?

味覚性発汗

キムチやカレー、麻婆豆腐…辛い物を食べるとダラダラと汗が!どうして辛い食べ物だけは汗が出てしまうのでしょう?『味覚性発汗』についてまとめてみました(^0^)/

 

 

≫詳細ページ

太っていると汗をかきやすい?

肥満 汗

太っている人は比較的汗をかきやすいと言われています。でもどうして肥満だと汗が多いの?汗をかいても痩せないのはなぜ?脂肪と汗の関係を調べてみましたよ(^^)b

 

 

≫詳細ページ

 

>> 【多汗症】サプリvs漢方vs飲み薬まとめ!  TOP