辛い物を食べると汗をかくのはどうして?

味覚性発汗 辛い

食事の時に辛い物を食べると、汗をかくことがあります。例えば写真にあるようなトウガラシですが、これは辛み成分『カプサイシン』が発汗に作用すると考えられています。

 

1.カプサイシンを摂取する

 

2.交感神経が刺激される

 

3.血行が良くなり体温が上がる

 

4.体温調節のために汗をかく

 

 

というのがカプサイシンによる発汗です。

 

実はこれ以外にも『特定のものを食べただけで汗をかく』という場合があります。この症状は味覚性発汗と呼ばれています。

 

味覚性発汗の原因は、はっきりとはわかっていません。とても自然な反射作用だと考えられているのです。カプサイシンを含む辛い食べ物だけでなく、しょっぱい食べ物・酸っぱい食べ物・甘い食べ物でも体質によっては起こると言われています。

 

味覚性発汗は多汗症のような病気ではなく、普通の生理現象です。そのため味覚性発汗のみの治療はあまり行われません。

 

どの部分に汗をかきやすい?

味覚性発汗 顔汗

味覚性発汗で汗をかく場所としては、顔が多いです。特に多いのが、額と鼻の頭です。汗をかくことにストレスを感じている人は、緊張や不安などによって精神性発汗が加わってしまうことがあるので、注意が必要です。

 

頻繁に酸味があるものや辛い物を食べていると、慣れてしまって以前より発汗が抑えられるケースもあります。また温度が低い場所よりも温度が高い場所の方が味覚性発汗が起こりやすいと考えられています。

 

味覚性発汗は個人差が大きいです。これは体の反射的な作用ですから、過剰に心配する必要はありません。『当たり前』のものとして受け入れることも大切です。

あまりに多い時は『味覚性多汗症』の可能性も

辛い物を食べて汗をかくのは自然なことですが、あまりに汗が多い場合は味覚性多汗症の疑いがあります。

 

・味覚神経への過剰な刺激

 

・辛いものへの緊張や恐怖感

 

・食べたら汗をかくという不安

 

 

など、精神性発汗と合わさったものが原因となっていることがあります。普通の味覚性発汗よりも多い汗が出てしまいます。

 

味覚性発汗 味覚性多汗症

症状が重い人の場合、何を食べても汗をかいてしまうことがあります。鼻や額だけでなく、背中やワキ、全身から汗が大量に出てしまうケースもあるのです。

 

味覚性多汗症の対策には汗そのものの治療に加え、精神的な治療も必要となることが多いです。皮膚科などと同時に心療内科で診察を行い、適切な治療を受けることで症状の改善につながるケースもあります。

 

手術の影響で味覚性発汗が強まることも

味覚性発汗 代償性発汗

多汗症の手術の中に、腔鏡下胸部交感神経遮断術(ETS)というものがあります。主に手のひらの多汗症治療として行われる手術で、脇の下に穴をあけ内視鏡を入れ、カメラで確認しながら交感神経を切断するというものです。

 

交感神経を切ってしまうため局部の多汗症には非常に有効なETSですが、行き場を失った水分が別の場所から出る『代償性発汗』が起こる場合があります。

 

代償性発汗に見られるのは主に胸・背中・太ももの汗の増加ですが、人によっては味覚性多汗症が起こる場合があります。顔汗の増加や紅潮、唾液や涙の増加、鼻の粘膜の分泌が増えるといったことが起こることがあります。

 

>>関連ページ:【多汗症の手術】

 

汗を抑える食べ物はある?

汗 抑える 食べ物

普段の食生活の中で、野菜を食べる機会はあるでしょうか?汗を抑える食べ物の一つに野菜があります。クールベジとも呼ばれている野菜たちは、カリウムを豊富に含んでいて体の余分な熱を逃してくれます。

 

・トマト

 

・きゅうり

 

・なす

 

・ゴーヤ

 

 

これらの食材はカリウムが多く含まれています。カリウムには利尿作用があるため、尿とともに体内の熱をしてくれます。体温の上昇を防ぎ、不要な水分を排出する働きがあるため汗やむくみの予防には効果的と言われています。

 

暑い夏の時期にたくさん取れる野菜たちですから手に入りやすいだけでなく、価格も安くてそれでいて栄養も豊富なので、食べて損はありません。フレッシュなものを手に入れて、冷たいサラダなどにしておくと食べやすいですよ。

食べ物で汗の『質』が変わる

汗 食べ物 ベタベタ

普段脂っこいものやインスタント食品、甘いお菓子など糖分が多いものを食べていると、肥満になりやすいですが汗の質も悪化させてしまいます。汗がベタベタとするようになり、ニオイを発しやすくなります。

 

食事から汗の質を改善するのであれば、緑黄色野菜などを中心に野菜を増やします。ビタミン・ポリフェノールをたっぷり補給しましょう。またお菓子よりも果物類を意識して食べ、体をすっきりさせることで汗の質もサラサラに近づいていきます。

 

汗はかかないと健康に悪いのですが、かきすぎると人目が気になります。やがてそれがストレスになり、食事のたびに不安を覚えて余計に汗をかく…悪循環となっていきます。普段の生活の中で汗対策をしていきましょう!

 

汗と体質に関する詳細記事

更年期に多いホットフラッシュ

更年期 ホットフラッシュ

若いころにはなかったのぼせ・ほてり、そして顔汗…それは更年期特有のホットフラッシュによるものかもしれません。ホットフラッシュの原因と対策をまとめてみました(*^^)b

 

 

≫詳細ページ

冷え性なのに汗をかくのはなぜ?

冷え性 汗かき

手足が冷える、なのに顔や体には汗ダラダラ…そんな冷え性+汗かき、実は併発しやすい症状。更年期の女性は要注意!水分と熱が逃げ場をなくしている可能性があります。

 

 

≫詳細ページ

エクノキュアの効果【口コミ多数】

更年期 ホットフラッシュ

ホットフラッシュに悩まされる更年期女性に嬉しいエクノキュア。どんな効果があるの?口コミはどう?ネットの評判からどんな効果があるか検証してみました(*^^)b

 

 

≫詳細ページ

太っていると汗をかきやすい?

肥満 汗

太っている人は比較的汗をかきやすいと言われています。でもどうして肥満だと汗が多いの?汗をかいても痩せないのはなぜ?脂肪と汗の関係を調べてみましたよ(^^)b

 

 

≫詳細ページ

 

>> 【多汗症】サプリvs漢方vs飲み薬まとめ!  TOP